0120-339-311

塩石けん/塩洗顔あれこれ

くにかねさんの塩石けん物語


極上の塩石けんを作りたいという情熱

良い素材だけを使って人に優しい石鹸をつくりたいという溢れんばかりの情熱を、塩石けん作りだけに 傾けてきた佐賀のくにかねさん。難しいといわれる塩石けんの製造技術の開発・研究に16年以上の歳月を費やしてきました。

くにかねさんは長年の研究と試行錯誤の末、真空加圧製という独自の技術を確立。常識では不可能とされた高濃度の塩石けんの製造を可能にしたのです。


実は、

たくさんの塩を石鹸に配合することは、

技術的に大変難しいことなんです。


塩 石けんに塩をたくさん配合することは、実はとっても難しいことなんです。石けんの油脂と塩は分離しやすい性質があるため、塩を高配合すると固まりにくにのです。そのため、従来の石鹸の製法で塩を20%以上も配合することは極めて困難なことなのです。



くにかねさんの真空加圧製法が、

常識をくつがえす!

ナチュラルで高濃度な塩石鹸づくりを実現!


塩石けん


くにかねさんの開発した真空加圧製法は、石鹸の油脂や塩など“素材”を細~いパウダー状になるまで粉砕していきます。細かく砕かれた素材、例えば、塩もザラつきは一切なくなって手触りはまるで粉雪のようにやわらかいパウダー状になります。その微細なパウダー状になった各素材を混ぜ合わせて一気に1平方センチあたり約2tもの圧力でギュッと押し固めて製造します。

真空加圧製法イラスト



見た目はちょっと武骨な石鹸ですが、

他の石鹸とは全く異なる

くにかねさんの塩石鹸の特徴!


塩石鹸

この丸い石鹸の1平方センチあたりに2tもの力が加わっています。2tの重さってイメージつきますか?(笑)これ、成人男性30人分の重さなんですよ!

界面活性剤や香料などの添加物を一切使いません。水や熱さえも一切加えていないので、素材のもつ美肌成分を一切壊さない、今までの技術ではなし得なかった塩を高配合した唯一無二の石けんを作ることが可能になりました。

だから全成分もシンプル。くにかねさんの塩石けんは「石けん素地」「海塩」だけ、はちみつまぶして作ったお塩の石けんは「石けん素地」「海塩」に3つの美容成分「はちみつ」「ヒアルロン酸」「アスタキサンチン」のみなんです。

全成分


くにかねさんの塩石けんの特徴。
やさしい塩洗顔を楽しんでください♪



塩 一番の特徴はなんといっても、

洗い上がりのつるつる感!

まるで肌が喜んで音色を奏でるよう☆


塩洗顔で毛穴スッキリ!

はじめてお使いになる方は、まず手の甲でぜひ試してみてください。つるっつるになりますから!長年、塩石鹸の実演販をおこなってきましたが、本当に皆さん驚かれますね!手の甲に泡をつけて、少しくるくる擦り付けます。そして、ちょっとたっぷりめの水でよ~く洗い流してみましょう。洗い流している間からキレイになった肌が喜びだして、キュキュキュキュッと楽しい音色を奏でるように、つるっつる!多くの方が感激されます☆

くにかねさんの作る塩石けんの特徴


塩

・添加物を使わず塩を高配合

くにかねさんの技術によって、塩を20~30%もの高配合が可能になりました。もちろん泡立ちをよくするための発泡剤等も使用していません。たっぷりの海塩が詰まったナチュラルな塩石鹸なのです。

溶けない

・お風呂場に置いても
ドロドロと溶け出したりしません。

高い圧力で押し固めているので、水分が入り込む隙間がありません。そのため、石けんをお風呂場に置いてても溶け出したりしません。非常に長持ちなんです。多くのお客様からは「まだなくならないよ」とよくいわれます(笑)

泡切れもすごくいいですよ♪ また、不思議なことに、小さくなればなるほど泡立ちが増してきます。

素材

・素材の美肌力をフルに生かす

加熱による素材の変質はありません。そのため熱に弱いはちみつやヒアルロン酸といった美容成分のチカラを最大限に引き出します。


石けんおじいさんの夢


おじいさんにはひとつの夢があります。

商店街の片隅でもいいから一人一人の肌にあった石けんを
その人の前で作ってあげたい

商売にはならないかもしれないけど、

自然や人に優しい石けんをその人のためたけに作りたい。

そんな夢をかなえるため17年の歳月をかけたと聞いています。

すごく大変な苦労もあったはずだけど、

そんな話より、
石けんのはなしを嬉しそうに喋る石けんおじいさん。

そんな可愛らしい夢に向けて、

少しずつだけど一歩ずつ近づけるといいな。


水のクリーム1位

はちみつまぶして作ったお塩の石けんーキャンペーン

桜と七草のハーブで作ったお水のクリームのこと

商品カテゴリ

アイテムで選ぶ

シリーズで選ぶ

お得で便利な定期便

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ